アクション殺陣教室たてびと 剣術殺陣1vs1 斬られ方 (生徒達が考えた形)2016・7・16

打ってきた剣を左から右に払い、半身になって、絡みが打ち込んできた所を

巻いて真向切り。

絡みは顔面体共に斬られ、前に崩れ落ちて絶命!

 

ここから物申す!

HIRI払われ方や距離はOK!相手をもっと凝視して死ぬ方がもっとリアル。

 

 

 

 

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 技闘 各生徒がつけた10手 2組目武vs竹

アクション技闘 武vs竹

 

早速物申す!

 

・竹の前蹴りから内回し、3回目くらいだから仕方ないけど、

 柔軟をして足技をしっかり勉強しよう。

・武ウラ拳からの足刀の足の形を意識する、足刀を勉強しよう。

・内回しは綺麗に回るからそれでよし、竹が内回しの下をしっかりくぐる。

・回し蹴り交差は綺麗。

・ウラ拳も振り回すタイミングとリアクションのタイミングがとても合っているので

 素晴らしいタイミングである。

・最後の前蹴りから内回し、最後のフィニッシュとしては弱いので、

 後ろ回し蹴りを練習して決め技として出せるようにする。

・武は最後闘いが終わった後の、表情を勉強しよう(^.^)

 

行った努力は決して結果を裏切らない。

 

by SHISYOU

 

 

 

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 技闘 各生徒がつけた10手 1組目MATUvsSHIMO

①MATUvsSHIMO

 

早速物申す!

・Mは少林寺ぽい動きは格好いい。

 

・前蹴りを受けてからのウラ拳が中途半端な一なので、

もう少し伸ばすと相手も逃げやすい、アクションを意識する。

 

・足刀を蹴り出したSの受けがいい

 

・M次の1.2受け?何をやっているか分かりにくい、明確に

 

・MとS後ろ回しからの相対法距離が空いているので、近づいて、同時攻撃

で蹴りを出すと綺麗になる。

 

・回し蹴り、回し蹴り、は綺麗でOK、その後の突きとリアクション、前蹴りとの

リアクションがあっていないので、それをメリハリをつけて行う。

 

 

 

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 技闘1vs2 芯女子立ち回りKEI

アクション技闘殺陣 

 

立ち回りの流れ①

まづ初めにポーズ、右側の敵①がスカシ、それをかわして、左側敵②が二段蹴り、

その流れで、上手側に移動。
横位置になってから、②のからみの回し蹴りを受け、回し蹴りの攻撃。

そして①の絡みの前蹴りをかぎ手ではらい後方へ促す、その勢いで②の

からみに後ろ回し蹴り。からみはしゃがんでかわす。

 

②の絡みかわしから、前蹴り、芯も前蹴りで返す。(絡み前蹴りで少しやられる)

①の絡みが後方より攻撃してくるので、右ひじで攻撃②の絡みにも突きを

同時に入れる

 

ここで決めの形を取る。

 

ここで物申す!

 

初めのスカシから二手目の回転まで、ブチブチとキレているので、つなげること!

回し蹴り回し蹴りは良い、その後前蹴りを払って、後ろ回し綺麗に回っている。

少し気になるところは、芯主体で動いていないようにみえるので、もっと引っ張る

感じで動くと良い。

 

HURUKUBOがリアクション遅れている。
芯に合そう。

TAKEはひじ打ちくらうシーン、リアクションが大きくて分かりやすい。
 

 

 

立ち回りの流れ②

決めの形から立ち上がり両方の絡みをパンチにて上に

そして②の絡みを出来る限り足を延ばし蹴上!

その足をおろし、左の後ろ蹴り。

そのまま①の絡みに右の後ろ回し蹴り。

 

最後に②の絡みにオリバーをかまし、フィニッシュ!

 

 

ここで物申す!

 

 

KEIは肘打ち、突きを決めてからの上への跳ね上げは、両方の顔面を殴打する。

 意識をしっかり持つ事。

前蹴り、後ろ蹴り、後ろ回しからの、回転カポエラ蹴りはテンポよくスムーズで、
格好いい。 手の使い方を研究すると、もっと良くなる。

回転系の蹴りをすると格好良く見えるので、そこを伸ばすと良いと思う。

TAKEのリアクション、後ろ蹴りのお腹のリアクション、後ろ回しでやられる
吹っ飛び系のリアクション、メッチャ良かった。

あなたの成長に、師匠としてとても嬉しい。

 

今後のみんなの成長も楽しみにしている(^.^)

 

by師匠

 

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 技闘1vs2 芯男子立ち回りMORI足技

技闘殺陣 

 

立ち回りの流れ①

まづ初めにポーズ、右側の敵①がスカシ、それをかわして、左側敵②が二段蹴り、

その流れで、上手側に移動。
横位置になってから、②のからみの回し蹴りを受け、回し蹴りの攻撃。

そして①の絡みの前蹴りをかぎ手ではらい後方へ促す、その勢いで②の

からみに後ろ回し蹴り。からみはしゃがんでかわす。

 

②の絡みかわしから、前蹴り、芯も前蹴りで返す。(絡み前蹴りで少しやられる)

①の絡みが後方より攻撃してくるので、右ひじで攻撃②の絡みにも突きを

同時に入れる

 

ここで決めの形を取る。

 

ここで物申す!

 

初めのスカシから二手目の回転まで、少しぎこちない、まだ足運びをの

経験不足から来ている。

 

動きながらの技は切れていて、格闘技経験者のイメージが出ている。
GOOD!

歩き方やきめのポーズをもう少し稽古する事。

 

技の切れは抜群なので、もう動きや形を意識する。

 

TIKURINNは回数が少ない割に、それなりに順応している。

格好いい。

 

HORI~はリアクションや移動するタイミングが抜群、安心して見える。

 

 

 

立ち回りの流れ②

決めの形から立ち上がり両方の絡みをパンチにて上に

そして②の絡みを出来る限り足を延ばし蹴上!

その足をおろし、左の後ろ蹴り。

そのまま①の絡みに右の後ろ回し蹴り。

 

最後に②の絡みにオリバーをかまし、フィニッシュ!

 

 

ここで物申す!

 

芯の蹴りの連動が、単発になっているので続けて、一挙動で動いてしまう。

技は格好いいので、今後はアクションとして意識して立ち回りをする。

 

 

絡みはタイミングはとてもいいので技の向上をめざして頑張って~

 

みんなのせい成長を応援しています。

 

By Shisyou

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 技闘1vs2 芯SHIMO立ち回り足技

技闘殺陣 

 

立ち回りの流れ①

まづ初めにポーズ、右側の敵①がスカシ、それをかわして、左側敵②が二段蹴り、

その流れで、上手側に移動。
横位置になってから、②のからみの回し蹴りを受け、回し蹴りの攻撃。

そして①の絡みの前蹴りをかぎ手ではらい後方へ促す、その勢いで②の

からみに後ろ回し蹴り。からみはしゃがんでかわす。

 

②の絡みかわしから、前蹴り、芯も前蹴りで返す。(絡み前蹴りで少しやられる)

①の絡みが後方より攻撃してくるので、右ひじで攻撃②の絡みにも突きを

同時に入れる。

 

ここで決めの形を取る。

 

ここで物申す!

 

初めのスカシの一歩が横に出すぎているので、前に進み出る。

ステップも踏んでる。

MATUは二段蹴りを伸ばす事

回し蹴り、回し蹴り、前蹴りを払い後ろ回しまでの、連動の流れは

綺麗で良い動き。

芯も絡みも良いです~

 

次の前蹴り、前蹴りの部分、芯が受けのタイミングに遅れている。

 

肘突きの決めはSAKOの距離感が良いので、芯もやりやすそう。

 

正面から見たこの形は綺麗である。

 

立ち回りの流れ②

決めの形から立ち上がり両方の絡みをパンチにて上に

そして②の絡みを出来る限り足を延ばし蹴上!

その足をおろし、左の後ろ蹴り。

そのまま①の絡みに右の後ろ回し蹴り。

 

最後に②の絡みにオリバーをかまし、フィニッシュ!

 

 

ここで物申す!

決めからの立ち上がりでパンチ攻撃が全くないので、形を作る事

SAKOは打撃をされている時に、良き表情している。
MATUはリアクションをもっと大きく。ちょっと待ちすぎ感があるので

芝居をしよう。

後ろ蹴り~後ろ回しの連動が、よっこいしょ状態なので、もう少し連動

をスムーズに、この時のSAKOのリアクション大きくていいですね。

 

最後のオリバー残念!

正面にまで持ってきて、蹴ろうね(^.^)

 

芯も絡みもどんどん良くなってきているので、イメージトレーニングを

大事にして、今後もアクションの稽古レッスンに励んでね~

 

By Shisyou

 

 

0 コメント

アクション殺陣教室たてびと 剣術 1vs4女性芯 HORII

剣術殺陣1vs4前半
1一人目を左からのスカシをかわし、

2その後右側の敵の腕を下から取って、

3更に左側から攻撃してくる敵をよけて、2で取った敵の件を

3の敵が攻撃してきた剣を受ける。
残りの敵二人が隙を見て攻撃してくるのを、つかんだ敵二人の剣で

受けて、そのまま弾き返す。

つけ回し左回りで一周一周行ったところで、しっかり位置取り。

 

ここで物申す

スカシはOK、二手目の受けの足運びが悪い。

スカシで左足を出して、そのまま右足出して受けに

ようは左右と歩くという事(ステップを踏んでいる)

 

四人の刀での受けはOK

絡みがしっかり良い位置に分散しているのは絵が綺麗である。

 

定位置に移動する際、芯がからみをしっかり見ているのが、素晴らしい。

タイミングばっちり

 

剣術殺陣1vs4後半

下手側より攻撃開始

今まで型のを抜きもせずにかわしてきた、これからは相手を斬る

攻撃に入る、ここから敵を倒すという気持ちで、入っていく。

 

縦位置になり、1人目が剣を打ち込んできた時に右足を入れて

合わせから払って斬る。

 

2人目は真向に打ち込んできた剣を、左側から峰で払い剣を打ち込んだ時に

同じ間合いから鍔で押し合いになる。

そしてその後左側に移動して、首に剣を入れて斬る。

 

三人目はここも一歩歩きながら、前に出てすり流し。

そして足を斬って、真っ向から顔を斬る。

 

四人目右左と攻撃に対して、下から八の字をかきながら

攻撃をかわし、3発目の攻撃をよけて、刀をお互いが打ち込む。

 

突きを打ち込んできた手を取り、背中合わせになって手をつかみ合う。

 

そして、正面に移動して後ろの敵が真向に打ち込んだ時に芯は

正面に向いて上で受ける。

 

次に右回りに回転して、体をひねって、相手のお腹を斬る。

 

そして寝た体制から、お腹を刺す。

 

そして、正面に起き上がり、勝利の体制になる。

 

ここで物申す

1人目

 1手~2手目足を右に踏み出し、そこから半歩また踏み出して斬る。

現状は受けてから後ろに下がっているので気をつけよう。

全体的に歩くことを意識しよう。

 

2人目

払いからの鍔どうしの合わせを強調しよう。

首にしっかり刀を入れて相手がもうダメだと思う気持ちにする。

 

3人目

横から入っているので、相手側に向いてしっかりすりおろしをしてから

足を切る。真向はOK、いい斬りかた。

 

4人目

八の字で受けて払う所は、足がばたつくので、一歩二歩とさがって

これも歩く事を意識しよう。

 

上段受けはしっかり受けていて格好いい、受けも上の重みを意識して剣を

見ているのが、凄くいい感じ。

 

次にひねってお腹を斬るところは、もう少し早く切りたいね~

 

かかってきたお腹を刺すのはGOOD

 

お腹の件を抜いて立ち上がるのはとても格好がいい。

 

全体的に言えるのは、立ち回りは歩いていく、無駄な動きをなくして

普通に歩きながら立ち回りをやるという事に意識を向けながら

やると、斬って良き動きになっていくと思われる。

 

頑張ってね~!(^^)!

 

  

0 コメント